基本理念

医療法人同仁会 憲章

 我々、同仁会職員は、ノーマライゼーションの理念を実現するために、医療・福祉にわたる分野で専門性を発揮し、チームで、本人・家族・地域住民に、安心と思いやりのこころを提供いたします。

  1. 患者・療養者の皆様の自立・QOLの向上を支援します。
  2. 患者・療養者の皆様の自己決定を尊重します。
  3. 患者・療養者の皆様の生活の継続性を大切にします。
  4. 患者・療養者の皆様の不安・孤独なこころを癒します。
  5. 家族の皆様とともに生活を支援いたします。
  6. 地域の医療・福祉サービスと連携します。
  7. 地域の医療・福祉に貢献します。

こなんホスピタルの基本理念

  • 生命の尊重
  • 協調と融和
  • プライバシーの尊重
  • 明るく、思いやりのある対応

こなんホスピタルの目的

  • 保健・診療・福祉にわたるサービスを提供し、地域社会に貢献する。

運営方針

  1. 利用者主体の医療サービスを提供するとともにプライバシーの保持に努める。
  2. 人生の継続性を尊重する。
  3. 残存能力に着目して自立を援助する。(リハビリテーション)
  4. 地域に開かれた病院とするため、地域との連携を積極的に行う。(地域連携)
  5. 利用者の基本的人権を擁護し、社会的不利益の改善(ノーマライゼーション)の獲得に努める。(QOLの拡大)
  6. 医療サービスの基本を、メンタルへルスケアにおくとともに、医療と介護(福祉)、施設と居宅それぞれのサービスを一体的、総合的に提供する。
  7. 利用者の方々との良好な信頼関係を構築するために、情報の開示(ディスクロージャー)に努める。(インフォームドコンセント)
  8. 安全対策を周知徹底する。(リスクマネージメント)
  9. 医療行為を行う場として、法令等に定められた基準を遵守した運営管理を行うとともに施設の清潔保持に努める。
  10. 入院時、退院後の支援・相談を積極的に行う。
  11. 保健・診療・福祉の一体化に向けた公共性・公益性を踏まえ、利用者や家族に対して安心・満足・可能性追求の医療サービスを提供する。
  12. 良質な医療を継続的に供給できるよう健全な経営を行う。
  13. 当病院の職員はより良い医療サービスを提供するために、自らの健康管理に努力するとともに、学識・技術をはじめ自己の人間性向上のため、たゆみなき研修に励む。
  14. 働きやすく、働きがいのある職場とするための勤務体制の確立、円滑な人間関係づくりに努力する。
  15. 自ら行った医療行為に対し責任を持つ。
04698